”不在のなかの存在”とは?「塩田千春展:魂がふるえる」が森美術館でやっています!国際的に活躍する日本人アーティストを知ろう♪




どうも。

オトメンしょーじです。

 

急にですが。

魂が、、、ふるえた。

僕の魂が、、、ふるえた。

そんな展覧会に行きました。

 

「塩田千春展:魂がふるえる」

国際的に活躍する日本を代表するアーティスト塩田千春。

25年の軌跡を辿る大規模な展覧会になります。

 

何度か作品は観たことありましたが、しっかり観るのは初めてでした。

タイトルの通り、魂がふるえた。

「不在のなかの存在」をテーマにしている塩田千春の世界にぜひ触れてほしい。

そして呟いてほしい。

#○○アートに触れる

みんなでアートに触れれば怖くない。

さぁ、、、アートの旅に出かけよう。

(なんやこいつとか言わないの♡)

 

塩田千春さんとは??

1972 年大阪生まれ、ベルリン在住。

記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションを行う世界での評価も高い日本人アーティストになります。

美術館、国際展、ギャラリーなどで、これまでに約300本の展覧会に参加しており、近年では年間20本前後の展覧会に参加する実績も。

日本を代表するアーティストの1人です!!




過去最大の個展「魂がふるえる」

1990年代の初期作品やパフォーマンスの記録から、代表的なインスタレーション、最新作までを網羅的に紹介する、過去最大規模の個展こそが今回の「魂がふるえる」になります。

塩田千春の25年間の軌跡をすべて見ることができる。

そんな大規模な個展になっています。

「不在のなかの存在」をテーマに作品を制作してきた塩田千春は、記憶や夢のなかだけに存在する、物理的には存在しないものの気配やエネルギーなどにかたちを与えてきました。

目に見えない繋がりや、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを体感的、視覚的に意識させられます。

引用:森美術館

作品紹介

塩田千春といえば「糸」を使ったインスタレーションが有名です。

塩田さんは黒は夜空とも宇宙とも捉えることができ、赤は血液、あるいは「赤い糸」といった、人と人の繋がりと考えることもできると語っています。

作品に圧倒されるのはもちろんのこと、なんともいえない感情が沸き起こる。

「不在のなかの存在」とは何か??

をひたすら突きつけられる。

そんな作品をぜひ見てほしいです。

《不確かな旅》

会場に入って最初のインスタレーションは、真っ赤な糸で覆われた空間に、フレームだけの舟が配された作品です。2015年のベネチア・ビエンナーレ日本館での展示では、古いベネチアの伝統的な舟の上部に、夥しい数の鍵が吊られていましたが、《不確かな旅》では舟はより抽象化され、赤い糸で埋め尽くされた空間は、不確かな旅の先にある多くの出会いを示唆しているかのようです。

引用:森美術館

《静けさの中で》

塩田が幼少期に、隣家が夜中に火事で燃えた記憶から制作されたインスタレーション。燃えたグランドピアノと観客用の椅子が、黒い糸で空間ごと埋め尽くされる作品です。音の出ないピアノは沈黙を象徴しながらも、視覚的な音楽を奏でます。

引用:森美術館

《集積―目的地を求めて》

約430個のスーツケースが振動し続ける本作は、塩田がベルリンの蚤の市で見つけたスーツケースの中に、古い新聞を発見したことをきっかけに制作されています。あらゆる物はそれぞれの記憶を内包していますが、ここではスーツケースが見知らぬ人の記憶、移動や移住、あるいは難民として定住先を求める旅など、人生の旅路そのものを示唆しているようでもあります。

引用:森美術館




MUSEUM INFORMATION

2019.6.20(木)~ 10.27(日)

TICKET

一般 1,800円

学生(高校・大学生)1,200円

子供(4歳~中学生)600円

シニア(65歳以上)1,500円

OPEN

10:00~22:00(最終入館 21:30)

※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)

※ただし10⽉22⽇(⽕)は22:00まで(最終⼊館 21:30)

MAP&ADDRESS