”惨事にアートで向き合う”展覧会「カタストロフと美術のちから展」が良すぎたので感想を伝えたい




#しょーじアートに触れる

でお馴染み!

しょーじアートに触れてきました!

向かった先は「年間パスポート」を最近購入した森美術館。

ドヤっ!って態度で入ってきました!笑

今、森美術館でやっている展覧会が

「カタストロフと美術のちから展」

今回いった展覧会は少しテーマが重めでした。

というのも、カタストロフを日本語に直すと、、、

「大惨事」

  • 東日本大震災
  • アメリカ同時多発テロ
  • リーマンショック

など世界各地で絶えず発生するカタストロフ(大惨事)を世に伝えると共に後世に語り継ごうと作品をアーティストが制作しています。

テーマが「大惨事」なだけあって、考えさせられる作品が多かったです。

惨事を目の当たりにすることで少しブルーになるかもしれません。

ただマイナスばかりではない。

むしろ僕が伝えたいのは、、、

「美術のちから、可能性を感じてほしい」

ということです。

第1章では「絶望」

第2章では「希望」

悲劇に対して「アートでなにができるのか?」に向き合うアーティスト達の活動や、作品。

ぜひ「芸術のちから」を感じてください。

では、、、いきましょう!!

第1章「美術は惨事をどのように描くのか―記録、再現、想像」

地震、津波などの天災。

事故や戦争といった人災。

個人的な悲劇を表現した作品。

「美術が惨事をどのように描いてきたのか」

を伝えるのが第1章になります。

さすがだな。って思うのが作品のバリエーションの幅広さ!

でもやはり1番印象に残るのは、、、写真でした。

惨事をそのまま捉えた写真はインパクトありました。

気になった作品かこちら

アメリカ同時多発テロのあとのワールドトレードセンター。

この写真がNYで撮られたなんて、、、想像もつきません。

東日本大震災で作家自身の故郷を撮影した写真。

津波の怖さを思い知る一枚。

阪神、淡路大震災直後の神戸の写真です。

地震の脅威。

モノクロ写真だからか、寂しさ、、、時が止まっているかのような不安な気持ちにもなります。

「誰かがあなたに言わせたがっていることじゃなくて、あなたが彼らに言わせてみたいことのサイン」

一番右の人、、、

「絶望的」

と書いた紙を掲げています。

いろんな思いを抱えているんだな。っと思う一枚。

第2章「破壊からの創造―美術のちから」

惨事に対して、美術ができることを紹介しています。

破壊から創造を生みだす「美術のちから」

第1章とは打って変わって「美術でなにをできるのか?」

に焦点を当てています。

第1章では「絶望」

第2章では「希望」

僕は第2章の方が好きです。笑

気になった作品がこちら

色を加えるペインティング(難民船)

クレヨンを使って平和への願いを書くことができるアート作品。

自分をアートに参加することで身近に感じることもできますし、何よりいろんな言語で言葉が書かれていて、、、平和を思う気持ちはみんな持っている共通する思いなんだな。と感じました。

東日本大震災で取り壊しが決まったカフェを塗装した作品。

未来へと繋ぐ希望の星は写真の中で輝き続けています♪

戦争が起こると、資源不足を補うために教会の鐘も材料になり武器になるそうです。

この鐘は逆で武器から鐘を作るプロジェクト。

色々感慨深い、、、考えさせられる作品でした。




「ARTS for HOPE」の活動が素敵すぎる。

東日本大震災からわずか9日で発足した緊急支援チーム。

それが「ARTS for HOPE」になります。

アートを通した支援を実施していて、避難所、保育園、幼稚園、小学校でワークショップを行っているそうです。

「ARTS for HOPE」の展示タイトルが本当に素敵で、、、

こちらになります!!!

今回の展覧会の本質だと思いました。

「何をするか!」に対して被災地に出向きアートを通して笑顔を作る。

こんな素敵な活動をしているチームがあったなんて、、、

実際の作品たちがこちらになります。

子供の笑顔が最高すぎる、、、

僕がみた作品で一番印象に残ってるのは「笑顔」でした。

まとめ

惨事に対してアーティストの捉え方も違うし、意味合いも違いますが、伝えたいことは

「記憶に残すこと」

なんだと思いました。

作品を残すことで後世のも「惨事」を伝えることができる。

その惨事を感じた時に「何ができるのか?」を考える展覧会だと思いました。

下ばかり見てしまいそうな状況にアートだからできること。

アートの可能性を感じました。

 

前を向けるように。

その1つの形がアートです。

 

とても考えさせられる展覧会だからこそ、ぜひ見てほしいです。

MUSEUM INFORMATION

カタストロフと美術のちから展

先行き不透明な混沌とした時代に、アートだからできること

2018.10.6(土)~ 2019.1.20(日)

※会期中無休

TICKET

  • 一般1,800円
  • 学生(高校・大学生)1,200円
  • 子供(4歳~中学生)600円
  • シニア(65歳以上)1,500円

OPEN

10:00~22:00(最終入館 21:30)

火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)

*ただし2019年1月1日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)

CLOSE

無休

URL

カタストロフと美術のちから展

MAP&ADDRESS

東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー52階、53階



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です