美容師の離職率が高過ぎる!?3年で8割やめる理由、10年で9割やめる理由とは??




どうも、しょーじです。

昨日は久しぶりに専門学校の友達と遊びました。

 

(みんなガラ悪すぎるでしょ!笑)

 

ここにいる4人は今でも美容師をやってます。

が、しかし!!

専門の同級生の半分以上はすでに美容師をしてないです。

美容師の離職率はかなり高いと言われています。

今日は美容師の離職について書いていきます!!

 

美容師の離職率ってどのくらいなの??

 

3年以内にやめる人が8

10年経つと9割の人がやめる

 

 

と言われています。

 

3年以内にやめる人

 

美容師のイメージを聞くと、

「下積みが長い」

というイメージがあると思います。

最近は前に比べたら短くなっているので、表参道界隈でも3〜4年ほどでスタイリストになれるサロンが多いです。

この下積み時代が一番大変と言われていて、ここで諦めてしまうのが多いです。

安い給料、長時間労働、休日も少なく、その休みもモデルハント、練習に当てることになります。

このような状況は良くないのですが、、、「これが美容師」と割り切るしかないのが現状でもあります。

ここで美容師を嫌になってやめる人が多いんです。

 

10年ほど経ってやめる人

 

10年やっているとほぼ全員スタイリストになっています。

なんでやめるのか、、、一番は「収入」によるところが大きいです。

美容師は良くも悪くも「歩合制」なので、差が出やすいです。

つまり、「売上が作れなかった」ことで給料が上がらなかった人が30歳くらいで辞めていく。

という話を聞いたことがあります。

 

 

やめた人は何してるの??

 

男性は、アパレル、飲食業、不動産、トラック運転手、IT、営業etc…と多岐にわたります。

印象としては、福利厚生のしっかりしているサラリーマンになる人が多いと思います。

美容師の時は「福利厚生」のことで悩む人が多いのもあり、ここは譲れないところでもあるからだと思います。

 

女性は、マツエクをするアイリスト、アパレル、OL、事務etc…

一番おおいのは、、、「結婚」だと思います。

妊娠したなどで、美容師をやめる方も多いです。




 

 

 

まとめ

 

美容師の離職率は高いのは、「下積み時代」「福利厚生」の問題が大きいと思います。

あくまで、よく聞く理由ですので実際は他にも色々とあるとは思います。

中には仕方なくやめることになる人もいますので、、、

確かに大変なことが多いとは思いますが、、、勘違いしないでください!!

美容師、最高に面白い仕事です!!

「成果報酬」って残酷なところもありますが、やればかえってくるんで。

この「成果報酬」に楽しみを見出せるなら本当にやりがいしかない職業です!!

1割に残れるように、走り続けます!!!!!