【美容師レビュー】ヘアケアドライヤーの先駆け「Panasonic ナノケア」を徹底解説!!おすすめポイント、口コミ、使った感想をまとめる




美容師の東海林です。

ヘアケア大好き美容師がドライヤーを紹介していく大人気企画!

今回紹介させていただくのはドライヤーとして圧倒的知名度を誇る。

パナソニックの「ナノケア」の紹介です♪

良いドライヤーとしてずっと駆け抜けていたのもあり、使っている人はかなり多いです。

今でこそ、いろいろなメーカーがドライヤーに力を入れていますがなんとナノケアの初代は2005年に発売しているというから驚き!

ドライヤーの進化を引っ張ってきてくれてありがとうございます。

 

そんな「ナノケア」について僕なりにまとめていきます。

結論から言わせてもらうと、、、

いいドライヤー。でも突き抜けたものがない。

という印象でした。

わざわざ買う必要あるのかな??

と思ってしまう。

ヘアケア大好き美容師が思ったことを素直に書いていきます。

では、、、いってみよう!!

 

 

ヘアドライヤー「ナノケア」の特徴とは??

「ナノイー」こそナノケアの強み

ナノメートルサイズの微細なイオン。一般的な空気イオン(マイナスイオン)の約1,000倍(体積比)の水分に包まれています。

引用:ナノケアシリーズ

簡単に説明すると、マイナスイオンの水分量をさらに増やしたのが「ナノイー」という見解で間違いないとは思います。

ドライヤーで乾燥させすぎないで水分を保ちつつ、乾かすことのできるのがナノイーの魅力になります。

実際の効果としては4つあります。

  1. 髪の水分バランスを整え、うねりをおさえなめらかな指通り。
  2. キューティクルを引き締め、しっとりまとまる髪へ。
  3. 地肌にうるおい、皮脂をケア。
  4. 髪にやさしく理想のスタイリングへ。

この技術こそが「ドライヤーといえばパナソニック」というイメージを作ったと言ってもいいと思います。

5つのモードの使い分けができる!

  • 毛先集中ケアモード
  • 温冷リズムモード
  • インテリジェント温風モード
  • スカルプモード
  • スキンモード

モードを使い分けることによって、より効果的に使えるのも特徴。

このモードの多さは他のドライヤーにない特徴の1つではあります。

最新機種「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA9A」の特徴

 

ミネラルマイナスイオン発生量 約2倍。「ナノイー」&ダブルミネラルで、地肌から毛先まで、速く、美しく。

キューティクルの密着性を高めるミネラルマイナスイオンの発生量が約2倍に進化した「ナノイー」&ダブルミネラルを搭載しました。

<髪ケア効果>としてはうるおう、まとまる、指通りがよくなる、ツヤ感アップが期待できます。

UVケア効果 約1.8倍に進化。紫外線や摩擦ダメージに強い髪へ

進化した「ナノイー」&ダブルミネラルは、キューティクルの密着性を高めます。摩擦ダメージや紫外線による髪への影響をおさえます。

引用:ナノケアシリーズ

ほぅ、、、そんな効果も期待できるのですか。

 

結論としては「ナノケア」を買う必要はないかも。

完璧に僕の考えになってしまうので参考までに。

パナソニックのお偉いさんに怒られそうですが、正直に書いていきます。

いい商品ではありますが、わざわざ買う必要はないのかな?と思ってしまいました。

というのも、全部が平均以上ですが突き抜けているものがないのでおすすめしにくいからです。

ただ、2万しない買いやすいのドライヤーを検討している人にはいいかなと思います。

個人的にはもう少し値段上げていいもの買うのをおすすめしていますが。笑

 

レプロナイザーの場合は

「髪の毛を綺麗にしたい人」

 

ダイソンの場合は

「毛量が多くて乾かすのに時間がかかる人」

 

と特徴があれば僕もおすすめはしやすいのですが、ナノケアの場合は突き抜けているものがなくて。

ということもあり、、、僕はあまりおすすめしていません。

「ナノケア」買うなら「ホリスティックキュアドライヤー」

ナノケアが15000円くらいで売られているので、もし買うなら少し値段をあげて「ホリスティックキュアドライヤー」がおすすめです♪

というのも、コスパが最高にいいドライヤーだからです!

税込¥23,760になりますが、機能はもちろんのこと、軽いし、丈夫だし。

長く使っていくことを考えると、いい買い物だと思いますよ♪

詳しくはこちらからぜひ!

 

もっと髪の毛を綺麗にする効果が高いドライヤー

レプロナイザーが気になる人はこちらから♪