【美容師まとめ】傷み?くせ?髪の毛の広がりを抑える方法を徹底解説!くせ毛、縮毛矯正、スタイリング材のおすすめも紹介




どうも。

美容師の東海林です。

 

今回は「髪の毛の広がりを抑える方法」ということについて解説していこうと思います。

きっと髪の毛が広がって悩んでいる人は多いはず。

美容師をやっていると広がりの大変さは、、、理解しております。

そんなあなたに。

僕が髪の毛の広がりを抑える術を伝授したいと思います!!

この記事でわかること
  • そもそもなんで広がるの??
  • 傷み、くせの抑え方の解説!!
  • おすすめのスタイリング剤の紹介

この記事を読んでいただければ広がる原因、そして対策がわかるはず!!

悩める女性よ、、、ぜひ参考にしてください。

 

髪の毛が広がる原因は基本的に2つです!

髪の毛が広がるのは理由があります!!

  • くせ
  • 傷み(ダメージ)

原因は2つ。

この2つの原因と向き合うことが本当に大切になってきます。

それぞれ解説していきます。

くせ毛

くせ毛の人はどうしても広がりやすくなっています。

というのも毛がうねっているので重なった時の広がりが大きくなってしまいます。

長毛の人が真っ直ぐ落ちるのに対して、くせ毛の人はうねりながら落ちることで毛が多く重なっていきます。

同じ髪の毛の太さ、量でも全然違う広がり方もしてしまいます。

 

くせ毛の特徴としましては、根元からうねっています。

生え始めたところからうねっているので傷み(ダメージ)よりボリュームかんが出やすくなっています。

人によっての個人差が激しいのでどう向き合っていくかも大切なところではあります。

 

傷み(ダメージ)

ダメージでも髪の毛は広がります。

これはダメージによるキューティクルの損傷が原因になります。

キューティクルが傷んでくると手触りがザラザラに!!

摩擦を受けやすくなるのもあり、引っかかりやゴワツキの原因にもつながります。

わかりやすく言うと、枝毛を想像してください!!

毛先が枝分かれているのでその分広がりやすく、しかも引っかかりやすいのでまとまらない。

傷めば傷むほど広がっていくので髪の毛のダメージには気をつけましょう。

 

傷みによる広がりの特徴としましては、毛先中心で広がります!!

  • パーマやカラーなどによる美容行為によるダメージ
  • ドライヤーやシャンプーによる生活活動によるダメージ
  • 紫外線や乾燥による自然環境によるダメージ

などによってダメージを受けていき、ダメージがある一定のところを越えると広がってきます。

なのでいかに負担を少なく生活するかが本当に大切になってきますよ。




くせ毛で広がる髪の毛を抑える方法

くせ毛の人で広がりを抑える方法は1つしかありません。

「くせを伸ばすこと」

癖の伸ばし方にもいろいろと方法がありますので紹介していきますね♪

ドライヤーで抑える

これはくせがあまり強くない人に限り有効な手段です!!

乾かすときに引っ張りながらくせを伸ばすように乾かすことでくせを伸ばすことが可能です。

しかし、ドライヤーの熱と手による引っ張りではどのくせ毛にも対応可能か。と言われると難しいところではあります。

ただそこまでくせが強くない人はドライヤーだけでもかなり変わります!!

 

ちなみに最近はいいドライヤーもたくさん販売しています♪

くせ毛を落ち着かせてくれるドライヤーもたくさん出ているので買い換えるのもいいと思いますよ!

なんでか不思議、、、本当に収まり良くなりますからね。

気になる人は価格ごとによるおすすめドライヤー紹介していますのでぜひ。

 

ストレートアイロンを使う

ストレートアイロンを使うことでどの髪質、くせの方にも対応可能です♪

ちなみにストレートアイロンは本当に便利なアイテムなので持っておいて損はないです!

ただメリット、デメリットがはっきりしているので理解して使って欲しいとは思っています。

メリット

  • 傷んでいる髪の毛にも熱の力で綺麗に見せることができる
  • 手軽に使えるので便利
  • 真っ直ぐだけではなくカールもつけることが可能

 

デメリット

  • 手間が少し増えてしまう
  • 雨が降ると戻ってしまう
  • ダメージを受けてしまう

便利アイテムなのですが、熱の力を使って髪の毛を真っ直ぐにしているためどうしてもダメージしてしまいます。

また雨が降って湿度が上がることでどうしても戻ってしまいます。

元々はくせ毛なので仕方ないことです、、、

ちなみに僕のおすすめしているストレートアイロンは絹女

気になる人はぜひ♪

あわせて読みたい
 「絹女〜KINUJO〜」を徹底解説

縮毛矯正で髪質を変える

美容行為によって髪質を真っ直ぐにするのも手だと思います。

縮毛矯正とは髪の毛の結合を一度切った後にストレーとアイロンで真っ直ぐにすることでくせをとる施術になります。

くせ毛という問題を根本的に変えてしまう、、、まさに神の技。笑

一度かけてしまえばいいので扱いやすさという意味では圧倒的です♪

ただ、メリット、デメリットもしっかり理解して欲しいところではあります。

メリット

  • かけてしまえばずっと真っ直ぐ
  • 朝の時間がかなり短縮される

 

デメリット

  • コストと時間がかかる
  • ダメージする
  • ダメージレベルによってはかけることができない

また気をつけなければいけないことは縮毛矯正はかける美容師によって個人差が激しいです!!

しっかり縮毛矯正を得意としている人を見つけましょう。

かなりダメージも仕上がりも変わってきます、、、




傷みで広がる髪の毛を抑える方法

まず大前提として傷んだ髪の毛は治ることはない。

ということをしっかり理解しましょう。

そして傷ませないことに時間とお金を使っていくことが一番大切です。

、、、となると全然役に立たないので既に広がってしまっている人に向けてもアドバイスしていきますね♪

シャンプー、トリートメントを見直す

まずシャンプーを見直しましょう!!

そして傷んでいるはずなので基本的には重い質感のシャンプーを使ってほしいと思っています。

ただどのシャンプーがいいというのは一概に言えないので、、、担当の美容師に相談してほしいです。

ヘアケアに強い美容師さんだと尚のことよろし!!

ちなみに僕のおすすめは、、、

N. SHEAシャンプー モイスチャー

保湿力がかなり高くなっているので本当にしっとりまとまります♪

ぜひ参考までに〜〜!

 

ヘアオイル、ヘアバームを使ってまとまり感を

傷むことによって髪の毛の内部になる水分と油分が少なくなってしまいます。

なのでどうしても乾燥してしまい広がる。

なので油分、水分を補わないといけません。

そこで大活躍するのがヘアオイル!!

乾かす前につけることで油分を補ってくれます♪

ただ、ヘアオイルはどうしても軽いものが多いのでそれだけではまとまらない人もいると思います。

そんな人におすすめなのがヘアバーム!!

天然由来成分100%のヘアバームが髪の毛の広がりを抑えてくれます♪

 

根本的な解決にはなりませんが、綺麗に見せることもできますし、これ以上傷ませないためには必要なケアだと思っています。

ちなみにおすすめのヘアオイル、ヘアバームはまとめていますのでぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は「髪の毛の広がりを抑える方法」

について解説していきました。

  • くせ
  • 傷み(ダメージ)

原因は2つ。

それぞれ広がりますが対応は変わってきます。

くせ毛の人で広がりを抑える方法は

「くせを伸ばすこと」

傷みが原因の場合は

「傷ませないことに時間とお金を使っていくことが一番大切」

 

しっかり広がりの原因を理解して扱いやすい髪の毛を手に入れましょう♪

 

傷みの原因についてまとめた記事あります。

ぜひ参考までに。