「炎の画家」と呼ばれた、激動の画家による「 ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜」




本日はしょーじの大人気シリーズ。笑

しょーじアートに触れる
 
またまたアートに触れてきました!
今年は行きたい展覧会も多く、去年に増してアートに触れそうな予感しかしません!!
そんな僕が今回いってきたのは、、、
今回といっても年始の話なのですが、、、笑
ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜
{EB6C3E61-B670-4D52-9FA1-034104681D4D}

あの有名なゴッホさんです!!

ちなみにニューヨーカー時代(笑)に、
はじめてゴッホさんの絵をみてから虜になってます!
「炎の画家」と呼ばれる由縁がわかるくらいの激しい色彩、筆のタッチ?というのか。
絵の具を大胆に使っているのもあり、絵が立体的にみえるんです!!
生前に売れた作品は1つだけ。
また生き方が過激すぎることでも有名な画家です。
{B93F5A60-F054-4510-B1FC-69518FD65A0E}
ニューヨークのMoMAにある
ゴッホの有名な「星月夜」
{BF9D7874-2C8B-412D-B549-DE38DEA6C753}
{4766C454-4848-49A5-9A7B-E0F984DE7983}
メトロポリタン美術館にある作品。
海外の美術館は作品を撮っていいので、
ちゃんと撮ってました!笑
{9974C1D7-E159-4233-A9C4-D50DF85D6438}
あら。ニューヨーカー時代は可愛いこと。笑
{3DF054A8-53A6-47B8-9291-9A1AB348F194}
なぜ、こうなった、、、
そんなゴッホさんは日本の浮世絵好きとしても有名な画家です!
今回は浮世絵とゴッホさんの絵が関連性も含めて詳しく展示してあり。
というか、、、
 
ゴッホさんの作品多すぎ!!!
 
 
○○展と書いてあってもあまり作品置いてない展示会も多く、その人の時代を生きた人やら、関係のある画家さんの絵が多いことが多い中。
ほとんどゴッホさんと浮世絵でした。
もう終わってしまいましたが、
 
これほど豪華な展覧会はない。
くらいのクオリティーでした。
もっと早くいっていればお伝えできたのに、、、
ゴッホさんの魅力が詰まった展覧会で、
また魅力に惹かれました。
激動の人生を送ったゴッホさん。
後世にここまで影響を与えているとは本人も思ってないかもしれません。
生きているうちに評価されて、たくさんの作品をまだ描いて欲しかったという思いも同時に感じました。
ゴッホさんの生き様過激過ぎますが、、、笑
アートに触れて感性を磨き。
#しょーじアートに触れる
のハッシュタグも増やしていきたいです!笑
どっちが目的!?
とかいわないの♡笑