「エアーストレートの全てをココに!」縮毛矯正との違い、もち、効果をエアーストレート職人が解説します♪




表参道で美容師をしている東海林です。

僕が働いているCLEOは「ヘアケア」に特化した美容院になっています。

僕自身も”髪の毛が美しい女性が一番素敵”

と思っているので「美髪」にするために髪の毛への意識をお客様と共有していくことを大切にしています。

 

表参道ではCLEOでしかやってないメニューがあります。

 

 

PIM濃密ヘアエステ

エアーストレート

CLEOといえばこの2つのメニューだと思います。

以前にPIM濃密ヘアエステの記事は書かせていただいたので、こちらを見ていただければ♪

3〜4週間持続する効果に驚き!!「PIM濃密ヘアエステトリートメント」が凄すぎる!!

 

本日はエアーストレートについて説明していきます!

エアーストレートの特徴としては

「髪質をクセ毛から直毛に変化させます」

縮毛矯正で行うダメージの原因である

  • 髪の結合を切らない
  • ストレートアイロンを通す

を行わないのがエアーストレートの特徴です。

 

「髪の毛に柔らかさがでる」

「クセは伸びるのにダメージが少ない」

 

 

縮毛矯正=”ハイダメージ”&”不自然な真っ直ぐ”

というイメージを覆す縮毛矯正が

エアーストレートなのです!!

そんなエアーストレートが一体何をやっているのか。

ということをエアーストレート職人のしょーじがしっかりと説明していきます♪

どうぞ、よろしくお願いします!!




縮毛矯正ってデメリット多いんです。

ダメージがかなりかかってしまします!!

まずはじめに、縮毛矯正は髪の毛にものすごく負担を与えます!

ブリーチの次くらいに負担がかかる。

そのくらい髪の毛に与えるダメージは深刻です。

縮毛矯正がなにをしているかというと

  • 髪の毛の結合を1剤で切断する
  • 高音のアイロンでプレスすることで伸ばす

いろんなメーカーから、様々な縮毛矯正が開発されていますが基本的にはやっています。

  • 1剤の薬で髪の毛を軟化させることでの負担
  • アイロンを通すことでの熱の負担

クセを伸ばすためには仕方ないのですが思っている以上に髪の毛に負担がかかっているんです。

高温でプレスするので不自然な真っ直ぐ感も出やすい。

髪の毛の結合を切った後にするのが

「ストレートアイロンを通す」

ここで高温でプレスすることで「縮毛矯正かけた感」が出てしまいます。

どうしても硬くなってしまうんです、、、

きっとお客様の中には

お客様
クセは気になるけど「縮毛矯正しました」というのも気になるのよね。

実際カウンセリングの時に本当によく聞きます!!

根元の立ち上がり。トップがペタッとする

髪質にもよりますし、感じ方には個人差があるのですがクセ毛ってボリュームが出やすいんです。

今まで膨らみやすかった髪の毛が急に落ち着くと、、、かなり寂しくなります。

しかも根元からストレートアイロンを入れて硬さがでるのでボリューム全然でません。

人によっては本当に寂しい印象に、、、




エアーストレートは”潰す”のではなく”膨らませる”

CLEOで扱っているエアーストレートは理論から全然違います。

というのも先ほどダメージの原因とお伝えした、

  • 髪の毛の結合を1剤で切断する
  • 高音のアイロンでプレスすることで伸ばす

という行程を行いません。

全く別のアプローチをします。

普通の縮毛矯正とは真逆の発想で、

髪の毛を膨らませます。

「、、、んっ!?何を言っているんだ?」という方にもわかりやすく説明すると、

元々、クセ毛の方と直毛の方の違いは髪の毛の断面図をみると全く違うんです。

”クセ毛はいびつな形”になっていて、”直毛は綺麗な丸”となっています。

この形が重要です!!

というのも、クセがでる原因は外の湿気などを吸ってしまうことで、髪の毛の中の水分バランスが崩れてしまうことが大きいです。

いびつな形の場合、水分バランスの崩れが激しいのに対して、直毛な方は水分バランスが崩れにくいのであまり影響がでないです。

エアーストレートは

髪の毛を潰すのではなく、

膨らませることで髪の毛を直毛に変える

という工程を行っていきます。

「エアーストレート」=「髪質変化」

僕がお客様に説明するときは、

「クセ毛を直毛に変えることによって結果的にクセも取れる」

と説明させていただきます。

アプローチ方法が縮毛矯正とは違うんです!!

そして、

  • 髪の毛の結合を切らない 
  • アイロンを通さない

ので仕上がりも全然違ってきます。

エアーストレートの仕上がりを説明するときに

僕は2つのキーワードをお伝えします。

「柔らかさ」

 「ダメージレス」

 この2つがエアーストレートの特徴です♪

本当に柔らかくなります。

そして本当にダメージが少ないです。




「エアーストレート」のメリットは縮毛矯正のデメリットがないこと

  • ダメージが少ない
  • 不自然な真っ直ぐではなく自然なストレート
  • 自然なボリューム感が出る
  • 仕上がりが柔らかい

縮毛矯正のデメリットと呼ばれる問題がほとんど解消できてしまう。

それが「エアーストレート」です。

あくまで「直毛に変えるだけ」

直毛だったら当たり前なのでエアーストレートならできるのです♪

もちは「半永久的」です♪

一度かけたところに関しては

半永久的に真っ直ぐです♪

基本的に戻ることはありません!!

しっかりと髪の毛が膨らんで直毛に変われば、取れることはありません。

ただ、ストレートアイロンの縮毛矯正に比べると仕上がりが自然なため、伸びが甘いと感じる方もいるそうです。

クセが伸びてないのではなく自然な仕上がりなだけなのでご心配なく♪




頻度は縮毛矯正より減ると思います♪

縮毛矯正ほど不自然な真っ直ぐではないため境目も気になりづらいです。

アイロンの縮毛矯正ほど、頻繁にかける必要がなくなった。というお客様がかなり多いです。

僕が提案するときは梅雨のタイミングでかけてあげるのが一番だと思っています!!

クセがそこまで強くない人なら

”年に1回全体をかけて、半年で顔まわりなど気になるところを”

クセが強い人なら

”半年に全体をかけて、3ヶ月で顔まわりなど気になるところを”

と提案させていただくことが多いです!!

注意!!「かからない可能性がある髪の毛」はこの2パターン!!

  • 元々縮毛矯正している
  • マニキュアをしている

この2つの場合はエアーストレートがかからない可能性があります。

縮毛矯正している”潰れている”髪の毛だと薬が反応しないんです。

マニキュアの場合も周りをコーティングしているのもあり、薬が反応しないんです。

この2つに当たる人は一度相談するのがいいと思います!!




まとめ

縮毛矯正=”ハイダメージ”&”不自然な真っ直ぐ”

縮毛矯正がもっているイメージを覆す縮毛矯正。

 

「柔らかさ」

 「ダメージレス」

が出る髪質変化させることでクセをのばす縮毛矯正。

それがエアーストレートです。

縮毛矯正の場合、ダメージにかなり違いが出ます。

しかも付き合っていく期間が長くなるからこそ「エアーストレート」をオススメします!!

「美髪」にしたい人にこそかけてほしいです。

表参道ではCLEOだけ。

そして、どのサロンよりエアーストレートへのこだわりを大切にしてるという自負もあります。

もしクセが気になる方いましたら、全力で綺麗にさせていただきますのでぜひ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です