カラーの色持ちをよくする「5つのポイント」を意識してカラーを楽しんでください♪




美容師しょーじです!

カラーしたあとってものすごく綺麗な色ですよね♪

「カラーしたてってルンルンしちゃう♡」

わかります、わかりますとも。

オトメンなので。笑

でも日にちが経つにつれて褪色も進んでいって、だんだん理想の色からは離れてしまいます。

ただ、色を少しでも楽しみたい!という方も多いと思いますので、本日は長持ちをさせる方法をお伝えできればと思います♪

大切なことは「負担を与えないこと」

5つにまとめましたのでこの5つだけでも守っていただけると色持ちが良くなりますよ!!

ではいきましょう!!

「色持ちさせる5つのポイント」

1.カラー当日のシャンプーは控える

これはきっと美容師に言われたことも多いと思います!!

どうしてもカラーした後は、定着なども完璧ではないため褪色しやすい時期なんです。

もっと細かい話をすると、完璧に定着させるには数日~1週間くらいは時間をみてほしいんです!!

1週間洗わないのは流石に、、、というのもありせめて1日だけでも置いていただけると。

それだけでも色持ちが変わるのでお願いします!!

2.シャンプー&トリートメントで刺激の少ないもの使う 

髪の毛が1番褪色するタイミング、それはシャンプーです!!

ただでさえ、髪の毛は濡れることでキューティクルが開いてしまうので繊細な状態になります。

繊細な状態なのに、シャンプーの洗浄力が強すぎると髪の毛の負担はもちろんのこと、褪色にもかなり影響がでてきます!

少し値段はしても色持ち、負担を考えるとアミノ酸系の負担が少ないシャンプーを使っていただけると嬉しいです♪

3.ドライヤー、アイロンなどによる熱には注意!

褪色をさせないことで大切になる負担をかけない。

そのなかでも、熱によるダメージはかなりの負担に繋がります。

特に寒色系は熱のダメージに弱いんです!!

もし巻きたいという方いましたら、熱を当てすぎないこと、巻く前に専用のトリートメントなどをつけて少しでも熱によるダメージを軽減していただきたいです!!

4.紫外線、乾燥に気をつける

夏の紫外線、冬の乾燥は思っている以上に負担になっています。

紫外線に関してはこれからどんどんきつくなってくと思われます。

肌のケアはしっかりされてる方もおおいと思いますが、髪の毛となると意外にないがしろになりやすいと思います。

髪の毛専用のUVカットのスプレーを振ってあげるだけでも違うと思いますので、カラー直後は特に気にしてほしいです!!

冬の乾燥しやすい時期にはオイルなどをつけて保護しましょう♪

5.生活での負担を減らす

寝る前にしっかり髪の毛を乾かす。

タオルドライはゴシゴシやらずに優しく。

雑にコーミングしないなど。

普段負担をかけてしまうようなことも繊細に。




まとめ

5つほど紹介させていただきましたが、

負担をかけないこと。

これに尽きます。

ダメージを与えて、キューティクルを開かせること。

これが1番ダメです!!

他にもたくさんあるのですが、、、

今回は大切なところ抑えていただきたいです!!

またもっともっと細かい話もしていけたらな♪と思ったいますのでお楽しみに!!

 お手数だとは思いますが、 お客様自身でもケアをしていただいてカラー後の発色を楽しんでほしいです♪

美容院後のウキウキルンルンを1日でも長く、、、

僕の願いです。笑